×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



2006.7.03

同行者:次女

娘の希望で昆虫採集です。
Bポイントへ行ってきました。
樹液の出方は相変わらず出たり引っ込んだり・・・・。
そんな中にもカブトムシの♀がくっついていました。
娘はコクワ狙いなのですが、カブトムシのメスの大きさにびっくり。
そういえば娘は今年カブトムシは見ていません。

本当は小さめなメスなんですけどね

コクワ♀1匹捕まえて満足したようで帰宅しましたが、今度は私単独でCポイントへ向か
いました。
Cポイントは小さい子供には少し怖い場所ですので私単独となりました。

こちらの樹液のほうが幾分出ているのでたくさんのクワガタやカブトムシを見せてあげる
にはこちらのほうがいいのですが・・・・。

コナラの木は樹液が渇き気味です。
昨年8月に洞をすべて剥がされた影響があるようです。
かろうじて高所気味の樹液にクワガタがついていました。

クヌギの木に移動してみたところ、こちらはライトを照らす前から「ガキ!ガキ!」と甲虫
の争う音が聞こえます。
しかしみてみると・・・・・・・かぶと虫天国になっていました。
コクワガ隙間で一生懸命樹液を吸っていましたが、他のクワガタはカブトムシがあんなに
いては入り込む隙間はもうなさそうです。

 
        そのほかの樹液でもカブトムシばかり・・・・

かぶと虫天国になる前に横浜産ミヤマ♂を捕まえておきたかったのですが、時すでに遅
い感じが漂います・・・・。

結果:かぶと虫♂4、♀4・コクワ多数


トップへ
トップへ
戻る
戻る