×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



2008.6.13

同行者:なし

梅雨の中休みとなりまして、日中は気温が結構上がった。
でも・・・・・さわやかな陽気だったんですよね〜。
湿度が足りない・・・・。

したがって、夜になると気温がが下がる・・・・。

しかも風が強かったり・・・・。


湿度の低い晴天は逆に樹液には悪い影響があるように思えます。
樹液が乾燥してしまうんですよね。たぶん・・・・。
(違うんじゃない?って方メールください)

今夜もBポイント・Cポイントと見て廻ったが樹液は芳しくない・・・・。


そんな中でもコクワガタは僅かな隙間で盛んに樹液を吸っている。
健気だ・・・・

Bポイントにてコクワガタ♂7
例の不明クワガタは今夜も判別できないまま・・・速攻洞の奥へ身を隠してしまう。
コクワだと、慌てて出てきてしまうことが多いので・・・・・なんか気になる。
たぶんコクワだけど・・・・。

Cポイントでは
コナラでコクワ♂3
樹液は限りなく少ない・・・・・。
クヌギでは・・・・・
樹液は減っている部分と増えている部分とがあり、プラスマイナスゼロって感じであった
が・・・・。
ノコ♀はっけ〜ん!!
デジカメ起動時に落ちてしまって撮影できなかったが・・・・。
コクワは♂11♀1
このクヌギのコクワの数は多いなぁ〜。

 ボクトウガの幼虫
    樹液はにじみ出ているが・・・・             ボクトウガの幼虫

クワガタの他の種の爆発は湿度が上がった頃と予測している。
はたしていつか?

乞うご期待・・・・・か?

結果:ノコ♀1・コクワ♂21・♀1(不明クワガタ含む)




トップへ
トップへ
戻る
戻る